脂肪吸引とは、皮下脂肪が比較的多い、お腹や太ももなどに脂肪の吸引管を挿入して、体内の脂肪を吸引して除去する方法です。


脂肪吸引に利用される機械には様々の物がありますが、医師の先生に技術により、結果はとても異なってきます。


ベイザー法は、脂肪の吸引管の先端に付いているベイザー派を出す装置によって、脂肪を遊離させて、脂肪を柔らかくして吸引する方法で、体の負担がとても軽い方法です。

ボディージェット法は、脂肪の吸引管の先から出るジェット水流で脂肪を分解して、吸引して行く方法で、水の力によって脂肪を分解する為に、体の負担がとても軽い方法です。



パワーアシスト法は、脂肪の吸引管自体が振動して、脂肪を吸引しやすくする方法ですが、現在ではあまり利用されていないです。



エルコーニアレーザー法は、エルコーニアレーザーと言う光を体外から照射して、脂肪組織を柔らかくしてから吸引する方法で、脂肪が柔らかくなるので、体の負担が少ないです。

体外式超音波法は、体外から皮膚表面に超音波を照射して脂肪組織を柔らかくする方法で、この方法は、皮膚に超音波を当てる時に、火傷をする可能性があります。
体内式超音波法は、脂肪の吸引管の先端から超音波を直接、脂肪組織に照射して、脂肪吸引管で脂肪を吸引する方法で、内側から皮膚を傷つけたり、炎症を起こしたりするデメリットがあります。

いろんな方法がありますが、専門のクリニックで十分なカウンセリングを受けてから、納得した治療を受けるようにする事が重要です。